がん検診

がん検診について

当クリニックでは、性交経験のある20歳以上の方全員に、定期的ながん検診をおすすめしています。
近年、がんに罹患する年齢は若年化の傾向にあり、特に子宮頸がんではそれが顕著で、若い年代で罹患する方の数が増えています。
京都市にお住まいの方であれば、公費負担(自己負担額:1回1,000円)で2年に1回、子宮がん(子宮頸がん)検診を受けることができます。なので、2年に1回、できれば毎年検診を受けられることをおすすめします。

次のような症状がある方は、一度がん検診を受けられることをおすすめします

  • 不正出血
  • おりものの量が増えた
  • 茶色がかったおりものが出る
  • 水っぽいおりものが出る
  • 下腹部に痛みがある
  • 腰痛がひどい

当クリニックで受けられるがん検査

  • 子宮がん(子宮体がん・子宮頸がん)検査
  • 卵巣がん検査

子宮がん(子宮体がん・子宮頸がん)検査では、子宮の入り口や、子宮の奥の細胞を採取するなどの検査を行います。
卵巣がん検査では、超音波検査などを行います。場合により、腫瘍マーカーを調べます。

主ながんの種類

子宮体がん

子宮内膜に発生するがんです。40歳以上の方に多くみられ、子宮からの出血などの症状が現れます。原則として手術による治療が必要となります。子宮体がんの発症については近年、若年化が問題となっています。

子宮頸がん

子宮頸管粘膜に発生するがんです。
近年では、20~30代など、若い年代で罹患する方の数が増えています。治療方法には手術と放射線治療とがあり、症状の進行状態に応じて適切な方法が選択されます。

子宮筋腫

子宮の筋肉に発生する良性腫瘍です。閉経後、小さくなることからその発育に女性ホルモンが関与しています。
子宮の筋肉以外にも、子宮の表面、子宮内腔など、様々な部位に発生します。
無症状な場合が多いとされていますが、不正出血、腹痛、おりものの量の増加、膨満感などの症状が現れることもあります。

卵巣腫瘍

卵巣にできる良性・悪性腫瘍です。
特有の症状がほとんどないため、発見が遅れる傾向にあり、子宮がん検診時にみつかることがありますので、定期的な検診を受けることが重要となります。

ブライダルチェック

ブライダルチェックとは、ご結婚を控えている方が、子宮がん(子宮体がん・子宮頸がん)や性感染症の有無などを確認することで、現在のご自身の健康状態や、将来の妊娠・出産に向けて何か問題がないかなどをチェックする検査です。風疹他抗体を持っているか検査します。
新生活を始められる前に、健康診断の一環として受けられることをおすすめします。ご希望の方は、お気軽に当クリニックまでご連絡ください。

ブライダルチェックの基本検査

  • 血液検査
  • 尿検査
  • 超音波検査による子宮・卵巣のチェック
  • 子宮がん(子宮体がん・子宮頸がん)検査
  • 性感染症検査(クラミジア感染症、淋病など)
  • 風疹抗体検査(抗体がない場合はワクチン接種)

など

女医のいるクリニック 産科・婦人科 松本クリニック 診療時間 午前 9:00~12:30 午後 17:00~19:00 休診日:日曜・祝日 お電話でのお問い合わせTEL:075-341-4103
bottom_bn_sp.png