京都市下京区の松本クリニック|産科・婦人科・産婦人科

ご予約・お問い合わせ075-341-4103

〒600-8452
京都府京都市下京区西洞院通松原下ル永倉町558

MENU
  • HOME
  • 院長の想い

院長の想い

医院方針

院長写真

もう一つの「ホーム」と思っていただけるよう、親身な心づかいを重視

当クリニックは、産婦人科として妊娠・出産・女性特有の病気に対応するだけでなく、ご家族の健康のことや夫婦間のデリケートなお悩みなど、何でも相談していただけるクリニックを目指しています。産婦人科にかかる方にとって、男性の医師というと、「恥ずかしい」「相談しづらい」といったイメージもあるかと思いますが、私としては、家族のように心の通い合った間柄でお話しできればと願っています。来院された方、一人ひとりの不安をこちらから丁寧に察し、改善策を提案できるよう心がけています。

妊娠から出産までをサポートした後のフォローにも力を入れ、アフターヨガや育児に関する教室を開催し、不安が生じた時にいつでもご相談いただける体制が整っています。

また、できるだけ受診される方のニーズにお応えできるような治療を取り入れていけるよう努めてもいます。例えば、新生児のワクチン接種などにも対応できるようになれば心強いのではないかと考えています。

私について

勤務医時代の経験を活かし、妊娠から出産までの道のりをサポート

病院での勤務医時代には、骨盤位(逆子)などの難しい出産のほか、不妊の研究に力を入れ、体外受精やホルモンの調整などにも携わっていました。そのため、現在でも、不妊治療は得意としています。不妊でお悩みの方には、タイミング療法や人工授精など、さまざまな選択肢を提案し、フォローできます。なお、体外受精をご希望の方は、近隣の医療機関にご案内できる体制も整っています。

これまでさまざまな例を診てきた経験と知識を活かし、子宮をはじめとしたお体の状態を丁寧に確認した上で治療を行っていますので、お悩みがある方は遠慮なくご相談ください。

患者様への想い

診察室

困った時に頼りがいのある、アットホームな診療を目指しています

患者様にとって、第2の家庭のような、温かみのある場所でありたいと願っています。そのため、妊娠・出産・婦人科の病気のほか、子育てや夫婦間のデリケートな心配ごとなど、何でもご相談いただけるような雰囲気づくりに努めています。

例えば、お話しする際には、一人ひとりが何に不安を感じているのかを丁寧に察し、不安の核心を捉えた上で、優しくアドバイスするよう心がけています。病気や治療の説明には専門用語をできるだけ控え、ご理解いただける言葉を選んでお伝えするようにしていますので、分からないことがあればいつでもご質問いただければと思います。

治療方法の検討も含め、受診された方からのニーズがある限り、それにお応えして笑顔にできるよう、今後もスタッフと協力して診療に力を注いでまいります。

TOP