京都市下京区の松本クリニック|産科・婦人科・産婦人科

ご予約・お問い合わせ075-341-4103

〒600-8452
京都府京都市下京区西洞院通松原下ル永倉町558

MENU
  • HOME
  • 避妊(ピル)

避妊(ピル)

ピルとは

薬

ピル(低用量ピル)とは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの作用により、望まぬ妊娠を防ぐ経口避妊薬です。
コンドームなどの方法とは異なり、女性主導によって高い確率で避妊できる方法です。
ピルは、正しく服用していれば高い確率で避妊を成功させることができます。また、ピルというと避妊薬としてのイメージが先行していますが、近年では避妊以外の目的で服用される方が増えています。

ピルの主な副効用

月経周期の安定

月経周期を安定させ、予定通り月経を起こすことで、仕事や旅行などのスケジュールが調整しやすくなります。

月経量の減少

月経量を1/3程度にまで減少させることができるため、月経痛などの生理にともなう不快な症状を軽減することが可能となります。

月経痛の緩和(軽減)

月経前症候群(PMS)の緩和

排卵を抑制してホルモン変化をコントロールすることができるため、生理前のイライラや不安感などの月経前症候群(PMS)を緩和することが可能となります。

にきびの改善

ピルに含まれる黄体ホルモンの作用により、ホルモンバランスが整うため、にきびのほか、多毛症の改善などが期待できます。

ピルの副作用

副作用イメージ

個人差はありますが、ピルを服用することで、「吐き気」「頭痛」「倦怠感」「不正出血」などの副作用が発生する場合があります。
服用開始1~2カ月ごろに現れることが多いとされていますが、通常、これらの副作用は徐々に収まっていきます。ただし、ごくまれに血栓症などの重篤な副作用を引き起こす場合もありますので、「ふくらはぎの痛み・むくみ」「手足のしびれ」などの症状をお感じになった時には、すぐに服用を中止して当クリニックまでご連絡ください。

ピルを服用すると「妊娠できなくなる」「生理がこなくなる」は間違いです

ピルを服用すると「妊娠できなくなる」「生理がこなくなる」などの情報を耳にしたことがある方もおられるかと思いますが、これらは間違いです。
ピルの長期間服用が原因で、不妊症が引き起こされるようなことはありません。また、生理がこなくなることもありません。服用を中止すれば、以前のように生理がくるようになります。

ピルの種類

薬

ピルは、月経が始まった日から毎日1錠ずつ、決まった時間に服用します。数時間程度のずれであれば、必ずしも決まった時間である必要はありませんが、飲み忘れを防止するためにも、服用する時間を決めておくことをおすすめします。
ピルには「21錠タイプ」「28錠タイプ」のほか、「1相性」「3相性」などの種類に分けることができ、それぞれで服用方法や性質が異なります。

21錠タイプの服用方法

月経が始まった日から毎日1錠ずつ、21日間、毎日決まった時間に服用します。
シートのピルがなくなれば、7日間の休薬期間を設けて、翌日から新しいシートの服用を開始します。通常、休薬期間中に月経のような出血が起こります。

28錠タイプの服用方法

月経が始まった日から毎日1錠ずつ、28日間、毎日決まった時間に服用します。シートのピルがなくなれば、翌日から新しいシートの服用を開始します。
28錠タイプでは、最後の7錠がプラセボ錠(偽薬)となっており、通常、プラセボ錠を服用している期間に月経のような出血が起こります。ピルを服用しない期間がないため、飲み忘れを防止することができるという特徴があります。

1相性・3相性ピルの違い

「1相性ピル」とは、ピルに含まれるホルモンの量が一定のピルです。月経周期の調整が行いやすいなどの特徴があります。
「3相性ピル」とは、ピルに含まれるホルモン量を段階的に変化させたピルです。ホルモン量の変化が自然の月経周期に似ているという特徴があります。
当クリニックでは、その方のご希望やライフスタイルなどに合った種類のピルを提供させていただきます。

ピル処方の流れ

問診

医師が問診を行い、喫煙の有無、血栓症の既往歴・家族歴、現在服用中のお薬などを確認して、ピルの処方が正しいか診断します。

検査

血液検査、血圧検査、尿検査、体重測定などを行い、現在のお体の状態を確認します。

服用方法や副作用などの説明

ピルの服用方法や、起こり得る副作用などについて説明します。何かわからないことがあれば、お気軽にご質問ください。服用方法により、月経移動も可能です。

処方

その方のご希望やライフスタイルなどに合った種類のピルを処方します。

2回目以降の処方

2回目以降は、血圧検査や体重測定を行った後、受付でピルを受け取っていただくことができます。
ピルをお渡しする際には、スタッフが気になる症状や、飲み忘れはないかなどを確認します。ご希望の方には、定期的に血液検査を受けていただくこともできます。

アフターピル(緊急避妊ピル)

アフターピル(緊急避妊ピル)とは、性交後72時間以内に緊急避妊薬を服用することで、排卵を遅延させたり、受精卵の着床を防いだりする方法です。
ピルの服用と比べると避妊成功率の高い避妊方法ではありませんが、「性交の途中でコンドームが外れた」「避妊せずに性交してしまい、妊娠していないか不安」などの緊急時に妊娠する確率を低下させることが可能です。
ただし、アフターピルはあくまで緊急時の避妊方法ですので、望まぬ妊娠を防ぎたいとお考えであれば、ピルを服用されることをおすすめします。

アフターピルは、診察室にて最終月経など問診後にその場で胃薬と一緒に服用していただきます。
副作用として吐き気が起こることがございますので、むかつき止めの胃薬を1錠お持ち帰りいただきます。

料金:8,800円(税込)(保険適用外)

こんな時は当クリニックまでお早めにご連絡ください

アフターピルは72時間以内には服用しないと作用率が低下するとされています。

  • 性交中、コンドームが外れた・破れた時
  • 性交の途中からコンドームを装着したが、最初からではないので妊娠していないか心配な時
  • 避妊をせずに性交してしまい、妊娠していないか心配な時
  • きちんと避妊したが、万が一妊娠していないか心配な時

TOP